いすみ市立長者小学校

 

お知らせ



長者小学校校歌 栗原一登作詞 團伊玖磨作曲
 
(1) 桜並木の朝の門
     「おはよう」
(男)
     「おはよう」
(女)
    なかよく通う
    長者の「ぼくら(男) 
       「わたし」(女) 
    明るい声が 岬の町に 小鳥となって飛んで行く   
   
(2) 紋章(しるし)の梅が 呼びかける
     「育てよ」 (男)
     「強く」  (女)
    そうだ元気に
    長者の学校」(男) 
       「学校」(女) 
    歌えば風も 夷隅の川に 光の中を吹いて行く
   
(3) 緑の楠(くす)の運動場
     「さよなら」(男) 
     「明日も」 (女) 
    楽しい毎日
    長者の「仲間(男) 
       「友よ」(女) 
    ごらんよ雲が 太平洋に みんなののぞみ 乗せて行く
 
    
 

お知らせ



作曲  團伊玖磨(だんいくま) (1924 ~ 2001)
日本を代表するクラシック音楽の作曲家でありエッセイストでもあります。東京生まれ。オペラ,交響曲から歌曲,映画音楽,放送音楽と実に幅広いジャンルを手がけました。子ども達は,「ぞうさん」「やぎさんゆうびん」などの童謡なら知っているでしょうか。また,エッセイ「パイプのけむり」シリーズも人気がありました。1973 年芸術院会員、1999 年文化功労者となっています。


 作詞  栗原一登(くりはらかずと)(1911 ~ 1994)
 女優の栗原小巻さんの父と言ったほうがわかりやすいかもしれ ません。福岡県生まれ。演出家・劇作家として活躍し,児童文学・児童演劇に力を注ぎました。日本児童演劇協会会長や国際児童青少年演劇協会日本センター会長などを歴任しました。編著書も多数あり,特に編著書に光村図書の「光村国語」小中250巻は,全国の小中学校の国語教科書として広く採用されています。

 

お知らせ



昭和24年発表の旧校歌

 久我正義 作詞  鈴木祝 作曲

(1) 太東岬を遠く見て
  夷隅の川面に影うつす
    五十年(いそとせ)経にし青松と
    共に栄えし 我が母校 
   
(2) 明るき自由の学びやに
    集えるわれら600人
    輝く希望いだきつつ
    共に育たん 我が友よ

(3) 平和の春は訪れて
    文化の花は咲きそめん
    松のみどりのいよよ濃く
    永遠(とわ)に栄えん 我が母校