千葉県夷隅郡
大多喜町立西小学校


  令和6年4月9日 西小学校入学式


4月23日 1,2年生 八重桜見学

 26日 1年生を迎える会 大成功の立役者6年生

  5月8日 田植えの歓声 5年生

 5月15日 6年生 総合的な学習
 「ファンタジースプリングス」へ行こう!~「ホスピタリティ」とは~




19日 夷隅郡市小学校陸上競技大会 国際武道大学陸上競技場

  ようこそ、西小学校のホームページへ
  
 ※当ホームページにおける写真等の無断転載はご遠慮ください。
 
ただ今までの来校者数→1119620

オンライン状況

オンラインユーザー30人
ログインユーザー0人
登録ユーザー16人

浄宗寺(じょうそうじ)の『呼(よ)びもどしの鐘(かね)』

    浄宗寺(じょうそうじ)の『呼(よ)びもどしの鐘(かね)』

 
 むかしむかし、三条(さんじょう)の村はずれに貧しいながらも仲のよい百姓一家が住んでいた。
 息子(むすこ)は成人すると
「もうこんな貧しい暮らし、いやだ。金いっぺ稼(かせ)ぐから江戸に行かせてくれ」
と父母に言った。
 はじめは「長男は家のあとを継(つ)ぐもんだ」と反対していた父母も、いつしか(せがれの人生だ。夢をかなえてやるか)と五年の約束で江戸行きを許した。
「体に気をつけて働けよ」
と桜の季節に息子を送り出した。

 
 時が過ぎ、五回目の桜の季節を迎(むか)えようとしていた。
「江戸に行った息子がもうすぐ帰ってくる」
と父母はうれしさのあまり、隣近所に知らせて歩いた。
 桜が散り、あじさいの季節が過ぎ、浄宗寺の境内(けいだい)に曼珠沙華(まんじゅしゃげ)が咲く季節を迎えた。しかし息子は帰ってこなかった。
「正月には帰ってくるだろう」
と待ったが期待(きたい)は裏切られた。また桜の季節を迎えたが息子は帰らなかった。(どうしたんだろう。病気でも・・・)と不安になった。
そこで浄宗寺の和尚(おしょう)さんに相談した。和尚さんはしばらく考えておられたが
「もしもの一念という仏様の教えがある。信心するものが懸命(けんめい)になれば願いがかなう。息子の帰郷(ききょう)を願い鐘をついてみてはどうだろう」
とおっしゃった。

 
 年老いた父母は遠い江戸に届けとばかり、朝と夕に鐘をついた。
 すると不思議なことに息子が帰って来た。
「ふるさとが恋しくなって帰ってきました。朝夕に鐘の音が帰ってこう、帰ってこうと耳奥で聞こえるのです」
「そうかそうか」
父母は顔を見合わせた。夜も遅かったが浄宗寺の和尚さんに礼に行った。わけを話すと
「よかった、よかった。仏様に願いが届いたか」
と、一緒に喜んでくださった。
「ありがとうございました。ありがとうございました」
何度も何度も頭を下げ、礼を述べた。
 その後、この浄宗寺の鐘は『呼びもどしの鐘』とよばれ、大勢の信者が訪れたという。
                                                     おしまい

(斉藤弥四郎  ふるさと民話さんぽ「広報おおたきNo.419」より)
(大多喜町)